読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小声で挨拶

詩を書いている上田丘と申します。考えに浮かんだ事を書いて行きます。

ナンバーノインチーセブン

気付いたら、改憲の発議が出来る事になったらしい。

うかつな事だが、非常に動転した。ちょっと気持ちの持って行き場がなくなったので、久し振りに詩を書いた。仮に、「ナンバーノインチーセブン」という題にしておく。

 

 

また奴等が 血生臭い革袋を携えて行進している

奴等は 見えない敵と戦う積もりなのだ

見えない敵は 居ない敵

ここには そんな居ない敵を探してうろつく集団が幾つもいて

たまたま鉢合わせになったら 相手をその居ない敵と取り違えて

お目出度い戦闘を繰り広げるのだった

平和に暮らす人々を巻き添えにして

 

分裂 奴等の最終目的は 互いに人を分断させる事

舌足らずに その早くなったり 普通に戻ったりする口調で 人々の耳に囁く

支離滅裂な思想もて 分裂を

 

 

最近本当にやりきれない気持ちになる事があるのは、時代のせいか、周りの状況が知らずにそうさせているのか、自分が年を取ったのか、なんなんだろうか。

 

感受性が良くなったのだ、そう前向きに捉えておこう。